2008年01月04日

ヘチマ

年明けそうそう、手づくり石けんがまとまって売れたので
今年はいい年になりそうな予感♪

去年は在庫が足りなくなり
お客様にご迷惑をかけちゃったこともあったので
年末に商品の保管庫として桐の箪笥を購入しちゃいました。
さっそく今日はハイビスカス石けんを仕込んで
夕方からはお正月でほったらかしにされた畑の草取りに。

ここでは「ツキグサ」と呼ばれている草(シロバナセンダングサ)を取っていたら
頭のてっぺんから足袋までタネがいっぱいくっついて取り除くのにとても難儀します。
それでも、ついつい夢中になり暗くなるまで草と格闘し
育てているヘチマの周りに敷き詰めました。

A子ちゃんはヘチマができるのはどの季節なのか知っていますか?
宮古島ではヘチマは夏、冬関係ありません。
去年の11月末に引いて捨てようと思ったものの、忙しさでそのままになっていました。
12月末に草取りしていると、草の中からヘチマの株元があらわれて
よく見ると元気な脇芽が出ていることを発見。

まだ生きている!

急に引いてすてることが惜しくなってしまい
どうにかヘチマを生かすことにしました。


以下ヘチマの再生方法です。

根元から50p〜1mくらい先の蔓を観察して元気な脇芽を探します。
脇芽から先の蔓は切り落とします
残した蔓と根元との半分くらいの部分に土をかぶせて足で圧着させます。
(ヘチマの蔓の節目の部分は土と水さえあれば根が出ます)

後は土が乾かないように廻りに敷き藁をたっぷり敷いて
肥料をあげると復活します。

今ではヘチマは元気を取り戻してさかんに蔓を伸ばし次から次へと花を咲かせています。
今日集めたツキグサもヘチマのまわりにたっぷり敷いたので
ふかふかのお布団の上で気持ちよさそうに寝そべっているように見えます。

でも、ご注意
沖縄のような亜熱帯の気温だから冬でもヘチマが成るのであって
本土では、今の季節は枯れてしまうんだそうです。

ネットで見た小学生の理科の授業内容では
ヘチマは一年草なので冬になったら葉、茎、根まですべて枯れると教えているようです。


宮古島で教える先生達は困るでしょうね、
子供達が「おばーの畑に今、成っているよ〜」な〜んて

A子ちゃん、子供の頃そんな経験はありますか?


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif







【関連する記事】
posted by かおる at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

息子と娘への手紙

あなた達が島を出てから、もう何年過ぎたでしょうか、
数えてみると10年は過ぎていますね。

これまで、あなた達を育てるのに夢中で
人並みの教育を受けさせることに力を注いできましたが
無事、卒業させることができホッとしました。

宮古島に嫁いで30年、
やっと島の暮らしと向き合う余裕がでてきたものの
気がつけば部落の住民はみな年寄りばかりになってしまっています。

あなた達のように学校を卒業すると同時に島を出るのは普通のことなので
20歳代がいないのはあたりまえの事ですが、

もっとも活力ある年齢の30〜40歳代が極端に少なく、
走り回る子供達の姿も見かけなくなっています。
今年の小学校の新入生は2人だけらしいという噂も耳に入ってきています。

そんな中でとうに50歳を過ぎた私でも、部落の中では若者の部類になっており
なにかと頼りにされるようになりました。


働いていた頃に比べると、最近はお年寄りとおしゃべりする機会が増え
嫁いだばかりの時期は部落の大人たちに圧倒されて沈黙するばかりでしたが
今では自由に会話ができるようになりました。

お年寄りの話が以前は苦痛だったのが
今は新鮮で刺激的な驚きと同時に島の宝のように聞こえるのですから不思議です。

それにしても部落の高齢化は急速に進んでいて、
80歳代、70歳代、60歳代が圧倒的です。
その中でも80歳代以上の話は最も面白くて為になります。

でも・・・

記憶があいまいになってきていて
複数のお年寄りの話を聞いてすりあわせをしなければ
わからないことが多いです。

都会にあこがれ、新しいものへと挑戦するのが若者の常だとして
親の世代の古きものに向き合うことは少ないでしょう。

もしかすると私のような年は、古きものに急に関心を持つようになる
年代なのかもしれないと最近は思っています。

でも、あなた達がわたしの年代になった時
教えて〜といっても、わたしはボケているかもしれません!
今でも忘れっぽいのに、将来はもっとあてになりません。

お年寄り達の話を参考にわたしの頼りない記憶をたどりながら
宮古島の最果ての部落に、シンプルですばらしい時代があったこと
そして急速に失われようとしている島の暮らしを後世代に伝えたい。
これを遺産として「未来へ捧げるブログ」に託したいと思います。

とりあえず「娘と息子へ」としてありますが
このブログを読んでくれる方はみんなわたしの「娘と息子」のつもりです。

「わたしもあなとと同世代ですよ〜」なんてちゃかさないでね♪

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif


posted by かおる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

近々リニューアルのお知らせ

ブログの更新がなかなかできずに
時間が無い、忙しいという言い訳を云い続けてきました。

でも心の中ではひそかに別に原因があるのでは、と思っていました。

記事が書けない訳・・・

文系じゃないから?

いえいえ・・

それは


私って他者を意識しすぎて、知らない相手と話すのはとても苦手なんです。
ネット社会では、知らない人同士でもコミュニケーションが成り立つのは
あたりまえの世界なのですが、


無言のパソコンを前にして
ブログを書くという行為はわたしにとって難儀な事で、
単に自分の書きたい様に書けばいいと自分にいい聞かせても
他者を意識しすぎて前に進めません。

アナログなのでしょうか・・

いろんなブログを読んでいると、
自然体で書いていて、ホント、うらやましいです。

どうしたら書けるようになるか・・
ずっと考えてきました。


で、答えは


相手をよく知っている人に置き換えること。

そう、自分の子供たちへのブログです。

娘や息子にとっては迷惑かもしれないけど
あくまでも仮想の相手としてなので気にしないでほしい

リニューアル後のブログのタイトルは


未来へ捧げるblog
   (娘と息子への遺言)


なんか怖いサブタイトルですね
これで書けるようになるでしょうか。


構想は2年以上も前にできていたものの
実行するには迷いがありました。

次回はそのタイトルの意味を書きたいと思います。
リニューアルは1月1日、

それでは原っぱを訪問してくれたみなさん
来年は、より良い年でありますように、
こんなブログでも読んでくれてありがとうございました。


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif



posted by かおる at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

写真コンテスト

「後世に残したい宮古島の風景」というテーマで市が募集していた写真の展示がスタートしました。
名づけて「ばんたがふるさと写真コンテスト」
応募作品は全部で139点、島外からの応募もあったそうです。
展示場所は平良港ターミナルビルで、さっそく見に行きました。

本当は、私も応募したので自分の作品を見に行ったのが本音だけど(^∇^;)o

今回のコンテストの趣旨は、一般の人が考える宮古らしい風景を
島の景観計画に生かすことが目的で、ゆくゆくは景観条例の制定にまで
こぎつけたいらしいです。

でも、なぜか普通のコンクリートの住宅の町並みを写したものがあったり
子供の写真だったり、アスファルトの道路だったりして
勘違いをしているんじゃないかな〜と思う写真が多数あったのにはビックリ

中には海岸の護岸の写真があり、エッと思い注意してみると
コメントに「残したくない風景」と書かれていました。
これには思わず吹き出してしまいました。

この写真コンテストは来場者による投票で入賞者が決まるのだそうです。
時間があれば展示場に行って、あなたが島の残したい風景を選んでみませんか。

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif




展示場所の日程は次の通り
平良港ターミナルビル  H19年12月6日〜10日
宮古空港中央アメニティー   12月11日〜17日
城辺庁舎           12月18日〜19日
上野庁舎           12月20日〜21日
平良庁舎           12月25日〜28日
下地庁舎        H20年 1月7日〜11日


posted by かおる at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮古島ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

島にコールセンターがやってくる

宮古島にコールセンターができるそうです。

城辺庁舎2階部分を改装して設置するのだけれども
入居企業はまだ未定、今月中に決定するとのことです。

このコールセンターへの就職希望者を対象にしたセミナーへの
参加者希望者が、定員200名に対し、なんと233人も

たった233人というなかれ、
島の人口からすれば、すごいと思います。
子供たちは高校を卒業すると、ほとんどが島を出ていきます。
島の人口の20%以上を65歳以上のお年寄りが占めるのに比べ
20〜30歳台はと〜っても少ないのです。
関係者は人数を確保できるか心配していましたが、
予想を超える応募者にホッとしたことでしょう。

ゆくゆくは300人以上もの採用を目指す予定らしいですが、
コールセンターで働く電話オペレーターというお仕事は
けっこう人の入れ替わりが激しいと聞きます。
正社員はわずかで、ほとんどが低賃金のパートだというし
精神的にハードでストレスがたまりやすい仕事なんだそうです。
本土で働いたことのある人に勧めたら「ヤダ!二度と戻りたくない」



でも、この島に、ないんだよね仕事が(泣

banner_02.gif

追文:最終的に250名がセミナーには参加したんだそうです。

posted by かおる at 02:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮古島ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

秋植えスタート

早めに取り掛かるつもりだったのが、結局、
耕運機をかけたのは11月に入ってからでした。
あわてて野菜などを植えていますが、
となりの畑はすでにいろんな野菜が育ち、収穫までしている(−д−;)
なかなか、計画どおりには、うまくいかないものです。
悪天候が続き、やっと晴れたのでさっそく見に行ったら

ネギが元気に芽を出していました、ヤッター!
ついでにジャガイモもチョコッと芽をのぞかせている。

ふむふむ、今度はジャガイモがいっぱい食べられるかも〜♪

今回はパルダマをいっぱい挿し芽をした。
これも、雨が降り続いたため成功しそうです♪
パルダマとは宮古島の方言で、本土では水前寺菜または金時草と呼ばれている野菜
原産地は熱帯アジアなので沖縄の気候では年中収穫できるすぐれもの。
できるだけ自給をめざす私としてはありがた〜い野菜なんです。

保存してあったニンニクも植えましたが、まだ芽は出ていません。
ニンニクが収穫できる時期は決まっているので、
大きい玉を収穫するには栽培期間が長ければ長いほどよいとのこと。
なので、気の早い人は9月には植えるとのこと、
通常は10月に入ってから。11月の終わりに植える私は遅すぎるかも^^;

後は大根、にんじん、菜っ葉類など・・・
まだ、芽がでない(;´▽`A`` 


オクラは切り戻ししたので今も収穫できます。
スーパーで購入して植えたエシャロット?(らっきょかも)も待てずに収穫してる、
長ネギは元気で、ちょっと外皮がかたいけど十分おいしく食べられます。
お芋もいっぱい植えたけど掘り取りに苦労しています。
食べたい人、掘りにいらっしゃい!


今後増やしたいお野菜は苦菜かな、
詳しいことはまたの日にということで、ごめん。


banner_02.gif
posted by かおる at 03:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

私のパソコン

パソコンが不調でHPの更新もブログの更新もままならない状態が
ずっと続き、とうとう3週間前にぶっ壊れちゃいました。

どうもマザーとビデオカードが同時に壊れたようです。
値段の安い電源やマザー775Dual-VSTAにとびついた私がいけなかったのですが
組み立てて1年も経たないうちに壊れてしまった事実にショックでした。
それまでは固まったりブルースクリーンに見舞われようが
パーツはまだ新しいんだ、と自分に言い聞かせ
HPやブログの更新はそっちのけで設定を変えたりシステムをいじったりして
パソコンをさわっているほとんどの時間をメンテナンスに割かざるをえませんでした。

やっと届いたパーツを再度組み立てて、設定も無事終了し
久々のブログを書いていますが
CPUの温度が60度と高めなのが気になる以外は順調に動いています。
新しいマザーP5B Deluxeにリテールクーラーの取り付けが若干甘いのかも知れません。
念のために別のCPUクーラーと、この際、ケース内のエアーフローも見直し
12mmのリアケースファン、HDDファン、ファンコントローラーを追加注文しました。



現在、すべて順調に動いており、一度もブルースクリーンはありません。
パソコンの電源を入れて立ち上げる時のひやひや感が無くなり、
ウィンドウを開く操作も軽快で、ストレスが溜まらないぶん
これからはサイト更新に力を入れることができそうです。

さてと・・
    HP、リニューアルに取り掛かりましょうか(^_^)♪ 


banner_02.gif
posted by かおる at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

母の形見

cat

名前はブータン、オスです。
これまでも猫は飼っていたのですが家の前の道路で
車に引かれて死んでしまったのをきっかけに、
しばらくは猫を飼う気になれませんでした。
ブータンは母がかわいがっていた猫です。
去年の秋に母は亡くなったのですが、しきりに
ブータンのことを心配し、生死をさまよっている状態でも
うわ言のように猫の名前を口にしていました。
見かねて「大丈夫だよ私がちゃんとめんどう見るからね」と約束してしまい
母が亡くなった後、宮古島に連れてきました。

晩年の母はさみしかったのでしょう。
ブータンをとてもかわいがり家から一歩も出さずに育てたようです。
私が宮古島に連れ帰ってからは外に自由に出入りできる状態なのに
悪いことしているかのような後ろめたいそぶりで外を伺ってばかりいました。
猫が猫背で自信なさそうにあるくのも可笑しかったのですが、
あれから9ヶ月、短足ながらもどうどうと歩くようになった今日このごろです。


banner_02.gif
posted by かおる at 02:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

スイカ

小指ほどのスイカの実が成りだしてきました。
植えたのは2月下旬頃なので、すでに3ヶ月経っています。
順調にいけば1ヵ月後には食べることができそうです。
スイカの品種は皮が黒色のブラックボール。
市場で売られているのを見たことがないので、
どんなスイカなのか、いまからワクワクしています♪

20年前にもスイカを植えたことがあります。
植えたというよりも水肥から勝手に生えてきたんです。
あの頃はまったくの無知で手入れの仕方も分からず
完全にほったらかしでしたが、スイカはグングン蔓を伸ばし、
みごとなスイカを3個も収穫しました。
スイカが完熟かどうかは叩いて分かるといいます。
スイカに耳を当てて軽く叩くと、まだの場合はポコポコと鈍い音で、
熟している場合は詰まっているようなキンキンという音が返ってきます。
どきどきしながら包丁を入れると、刃をあてるないなや
パカッと勝手に割れちゃいました。
中を見てビックリ!ななんとスイカの皮が薄いんです!
普通見かけるスイカの皮は厚みがあって
時には1センチ以上もあったりしますが、
そのスイカの皮はは5ミリ以下しかなかったんです!
皮のぎりぎりまで真っ赤なスイカはとっても甘く、
本当に美味しかったです。

美味しいスイカの味を知ってしまった私は、
なぜこんなに美味しいスイカが売られていないのか不思議に思いました。
その後知ったことは、もともとは皮が薄かったそうです。
それが輸送が発達し全国に配送し販売されるようになってから、
皮が薄いと割れてしまうのでどうも都合が悪い。
なので品種改良して皮が厚く輸送に耐えるものが作り出されたわけです。

包丁をあてただけで簡単に割れてしまうスイカ
皮のぎりぎりまで真っ赤に完熟し、
その赤味の部分は細胞の粒々が見えるほど・・
あのスイカをもう一度食べてみたいo(^o^)o
そんな思いをずーっと抱いていました。

たしかあのスイカの品種は「大和」だろうと思っています。
探してみたのですが、なかなか見つからず
結局違う品種を植えてしまいました。
それでも着果した実を見ているとつい期待してしまいます。
収穫後にまた報告しますね。

banner_02.gif
posted by かおる at 01:49| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

キューリ

大事に育てていたキューリの苗に
やっと実が成りだしてきました。
袋は大事に取っておいたはずなのに見つからなくて
何の品種だったのかは覚えていません。

地這い仕立にしてたっぷり敷き藁を敷いたつもりでしたが
ツルの半分以上は土の上を這うように伸びていって、
雨や強風にやられるとたちまち2〜3回転してねじれてしまい
どろんこになってしまいます。
来年はもっと敷き藁を増やさなければと反省しきり、

1袋も植えたので20株も芽が出て喜んでいたのですが
結局10株程度だけ生き残っています。
よく注意して見ると、勢いのあるキューリの株はどんどん伸びていきますが
いつまでも小さいままでいる苗にはいろんな虫が集まってきます。
強いやつには付かないで弱いのに集中して攻撃する様はまるで人間社会に似ているような・・・

農薬は使用せずに香りのある植物、月桃、レモングラス、ニンジンの葉などを全体に振り掛けて対処しているためか
どうにか収穫までこぎつけることができたと思います。

写真は撮り忘れましたが、実の重さが平均500gもあるんです。
一番大きかったのは900gでした。もちろん1個でです!
別に大きい品種というわけではありません。
単にキューリが完熟してから収穫するようにしました。
通常は100g〜120g程度で収穫すると言われていますが
スーパーで販売するにはその方が形が良いようです。
でも食べ応えがあるのは完熟キューリです。
農家はそれを知っているので早取りはしません。

もう一つ、若どりすると株の負担が軽くなり、
収穫の本数を増やすことができます。
つまり、キューリの実を大きくさせると
収穫できる本数が減るということになります。

う〜ん、

それでも完熟キューリでいきましょうわーい(嬉しい顔)


banner_02.gif


posted by かおる at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。