2011年04月27日

リセット

前に住んでいた家や畑が道路拡張で立ち退きになり
新しく家を建て、隣接している畑も手に入れ、早8ヶ月

忙しかった日常は徐々に落ち着きを戻し
ずっと放置状態にされていた事を
ひとつ、ひとつ、取り組みなおしています。

これまで育てあげた植物は
移植したり挿し木したりで、必死に手入れするものの
吹きっさらしの敷地では、例年のようにやって来る
台風に持ちこたえられるのか心配です。

メリットとしては経験を生かして
計画的な植栽ができる事かもしれません。

足腰立たなくなってから収穫できるようになるかもしれないが
数年は我慢、我慢、ひたすら我慢


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif

posted by かおる at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

引っ越し

 家の立ち退きで3月いっぱいで夫の実家に引っ越しました。
祖母は去年亡くなったばかりで家財道具がそのままになっており
その上我が家の分も持ち込んだため、足の踏み場もない状態です。
 冬は石けんの売れ行きはそれ程でもないのですが、
これから夏場に向けて仕込まなければならないのですが、
部屋の狭さにどうしたものかと頭をかかえています。
芳香蒸留水(ハーブウォーター)の仕込みも待ったなしです。

 一番困ったのは苗や種子です。
庭や畑も立ち退きで何年も育ててきた野菜や樹木を
撤去してしまいました。新たに確保した畑はこれまでよりも
広いのですが、収穫できるようになるまで時間がかかります。
今年いっぱいは販売するものがなくなりそうです。
お客様にはご迷惑をかけるかもしれません。

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif



posted by かおる at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

緑豆

毒入り餃子事件後、輸入食品の安全性に対する関心が高まり
できるだけ国産の食品を購入する消費者が増えているそうです。

ところが、身近な食材、もやし豆の原料である緑豆は
100%も輸入品であり、そのうちの90%は中国産だそうです。
国産の緑豆は入手困難とネットで知りました。

緑豆は宮古島では昔からあたりまえに栽培されています。
年配に訊ねるとほとんどが植えた経験があると答えます。
栽培は簡単なので植えてみるといいよ〜との話にのって
今年の5月に種を撒いてみました。

梅雨明け間際だったのでちょっと心配しましたが
一回雨が降っただけでスグに芽が出てグングン成長しました。
その後干ばつになりましたが、それでも緑豆は成長し続け
6月の下旬には花が咲き鞘ができちゃいました。
猛暑の中、黒くなった鞘を収穫、
天日で2〜3日干して、棒で叩いて豆を取り出しました。

問題はゴミを取り除くことと痛んだ豆を取り除く作業です。
困ってしまいました(-_-;)

豆が小さい( ̄□ ̄;)!!

風の強い日に丹念にゴミを飛ばしたものの
豆の選別はとんでもない作業になりました。
見えやすいように黒いお盆に取り分けて痛んだ豆を取り除く作業は
ちっとも前に進まず、やっとどんぶり一杯集めても
一回分のぜんざいしか作れません。
沢山収穫してしまったので、頭をかかえてしまいました。

結局「スミマセン、自分で選別してね」といって
知り合いや隣近所に分けちゃいました(^o^*)♪

中国では手作業で豆の選別をしているんだそうです。
国産の緑豆が無い理由がよ〜く解りましたm(_ _)m


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif
posted by かおる at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

どのようなきっかけで参加するようになったのか記憶はさだかではありません。
気が付いたら幼いあなた達をつれてキビ狩りの作業に参加していました。
2メートル以上の長さもあるサトウキビについている葉っぱを二又で掻き落として
ある程度の束になったら縄でしばるのですが、
これが難しくて、上手にしばったつもりでも束を持ち上げると
スルスルっと抜けてしまい、みんなに笑われたものです。

当時の縄はどこの家でも自給していて、
春にはよく成長したススキを刈り取って干し上げ
夏の間にセッセと縄を綯ってキビ狩りに備えて倉庫に積み上げていました。

ススキの茎がそのままだと厚みがあり、うまくより込めないので
干すときには道路のアスファルトの上にズラ〜っと並べて
通る車に轢いてもらっていました。
宮古島に来たばかりの私は、その意味がわからなくて
ススキを避けて車を運転していました。
後で父さんからその訳を聞いてからは、
道路に置かれたススキを見たら
かならずススキの上めがけて走るようにしたものです。

その後、安い台湾製の縄が大量に輸入されるようになり
難儀な作業をきらって農家はこぞって輸入品を使うようになりました。
まあ、少しでも節約するために多少は作っているのもあったので
それらが並べられると、みんな手製の縄に殺到したものです。
手製の縄は縛るときの感触が良く、キュッと締まるからです。
でも、時代が変わるのは早いものです。
現在は束にする必要は無く、大きく積み上げてワイヤーで縛っています。
当然、縄を綯う光景はまったく見られなくなりました。

これまで縄を綯うことに興味を示さなかった私ですが
この年になってから、なぜか興味が沸いてきていて
お年寄りを捉まえては「教えて〜」とねだっています。

ススキの縄は使い道がないので、もっぱら材料は
レモングラスや月桃の茎など変なものにこだわっています。
あなた達だったら、どんな材料を使って縄を綯ってみたいと思いますか?

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif







posted by かおる at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

キビ刈り

久しぶりの書き込み
あいかわらず書くことに不精です。

今年のお正月は真夏日のような天気が一週間程度つづき
それ以降、お天気はくずれぱなしで寒い日が続いています。

年明けから恒例のキビ狩りが始まっています。
キビ狩りなんてもう何年も私はやっていませんが
近所の話を聞いていると、だいぶ様変わりしているようです。

昔と今とでは家族形態が変化しているので、当然といえば当然ですが・・

初めてキビ狩りを見たのは、親に紹介するからと父さんに連れられて
最初に宮古島に来た翌日でした。

参加人数は20名近くいたのではないでしょうか、とてもにぎやかでした。
男達は7〜8名くらい、横一列に並び、短めの斧でいっせいにキビを根元からなぎ倒していきます。

キビはまだ葉っぱが付いている状態なので、それを女性達が二又という道具を使ってかきとり
ある程度の束にまとめて、ススキでできた綱で縛っていました。

手は動いているものの口は暇なので、おしゃべりしながら作業していて
最近の出来事や近所の噂話、お料理や家事の知恵の交換等、歌いだす者あり、
それはそれは賑やかでしたよ。

女性に比べると男達の作業はしゃべると息があがってしまうので
黙々と作業をしています。

休憩時間が近づくと、姑がキビの枯れ葉をかき集めて臨時カマドをこしらえ
家から持ってきたヤカンでお湯を沸かしはじめました。これでお茶を淹れて
「休憩時間だよ、みんなユク(休んで)!さあ、さあ、ユク!」を大きな声で呼びかけます。

みんな輪になって休憩をとりながらおしゃべりが始まります。
この時が最大に賑やかな時間です。

やがてトラックがやってきて、人が歩けるように丈夫な板をかけました。
広い畑から男達は束ねられたキビを担いで
板の上をわたりトラックの荷台に積み上げていきます。
中には二束も三束も担いでみせて得意そうにしているのもいました。


歩いてトラックの荷台に一束ずつ積み上げるのを見たのはそれが最後です。
その後ユニックという機械が導入されて
キビを小山に積んで置くと全部ユニックがやってくれるようになりました。

あの当時の力自慢の男達の中にはすでに亡くなっている方もいます。

あれから30年以上も経ってしまいましたものね。
でも時折、得意満面のあの表情をいまでも思い出します。
そして人々の笑い顔やあの喧噪も

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif
posted by かおる at 15:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

ヘチマ

年明けそうそう、手づくり石けんがまとまって売れたので
今年はいい年になりそうな予感♪

去年は在庫が足りなくなり
お客様にご迷惑をかけちゃったこともあったので
年末に商品の保管庫として桐の箪笥を購入しちゃいました。
さっそく今日はハイビスカス石けんを仕込んで
夕方からはお正月でほったらかしにされた畑の草取りに。

ここでは「ツキグサ」と呼ばれている草(シロバナセンダングサ)を取っていたら
頭のてっぺんから足袋までタネがいっぱいくっついて取り除くのにとても難儀します。
それでも、ついつい夢中になり暗くなるまで草と格闘し
育てているヘチマの周りに敷き詰めました。

A子ちゃんはヘチマができるのはどの季節なのか知っていますか?
宮古島ではヘチマは夏、冬関係ありません。
去年の11月末に引いて捨てようと思ったものの、忙しさでそのままになっていました。
12月末に草取りしていると、草の中からヘチマの株元があらわれて
よく見ると元気な脇芽が出ていることを発見。

まだ生きている!

急に引いてすてることが惜しくなってしまい
どうにかヘチマを生かすことにしました。


以下ヘチマの再生方法です。

根元から50p〜1mくらい先の蔓を観察して元気な脇芽を探します。
脇芽から先の蔓は切り落とします
残した蔓と根元との半分くらいの部分に土をかぶせて足で圧着させます。
(ヘチマの蔓の節目の部分は土と水さえあれば根が出ます)

後は土が乾かないように廻りに敷き藁をたっぷり敷いて
肥料をあげると復活します。

今ではヘチマは元気を取り戻してさかんに蔓を伸ばし次から次へと花を咲かせています。
今日集めたツキグサもヘチマのまわりにたっぷり敷いたので
ふかふかのお布団の上で気持ちよさそうに寝そべっているように見えます。

でも、ご注意
沖縄のような亜熱帯の気温だから冬でもヘチマが成るのであって
本土では、今の季節は枯れてしまうんだそうです。

ネットで見た小学生の理科の授業内容では
ヘチマは一年草なので冬になったら葉、茎、根まですべて枯れると教えているようです。


宮古島で教える先生達は困るでしょうね、
子供達が「おばーの畑に今、成っているよ〜」な〜んて

A子ちゃん、子供の頃そんな経験はありますか?


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif







posted by かおる at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

息子と娘への手紙

あなた達が島を出てから、もう何年過ぎたでしょうか、
数えてみると10年は過ぎていますね。

これまで、あなた達を育てるのに夢中で
人並みの教育を受けさせることに力を注いできましたが
無事、卒業させることができホッとしました。

宮古島に嫁いで30年、
やっと島の暮らしと向き合う余裕がでてきたものの
気がつけば部落の住民はみな年寄りばかりになってしまっています。

あなた達のように学校を卒業すると同時に島を出るのは普通のことなので
20歳代がいないのはあたりまえの事ですが、

もっとも活力ある年齢の30〜40歳代が極端に少なく、
走り回る子供達の姿も見かけなくなっています。
今年の小学校の新入生は2人だけらしいという噂も耳に入ってきています。

そんな中でとうに50歳を過ぎた私でも、部落の中では若者の部類になっており
なにかと頼りにされるようになりました。


働いていた頃に比べると、最近はお年寄りとおしゃべりする機会が増え
嫁いだばかりの時期は部落の大人たちに圧倒されて沈黙するばかりでしたが
今では自由に会話ができるようになりました。

お年寄りの話が以前は苦痛だったのが
今は新鮮で刺激的な驚きと同時に島の宝のように聞こえるのですから不思議です。

それにしても部落の高齢化は急速に進んでいて、
80歳代、70歳代、60歳代が圧倒的です。
その中でも80歳代以上の話は最も面白くて為になります。

でも・・・

記憶があいまいになってきていて
複数のお年寄りの話を聞いてすりあわせをしなければ
わからないことが多いです。

都会にあこがれ、新しいものへと挑戦するのが若者の常だとして
親の世代の古きものに向き合うことは少ないでしょう。

もしかすると私のような年は、古きものに急に関心を持つようになる
年代なのかもしれないと最近は思っています。

でも、あなた達がわたしの年代になった時
教えて〜といっても、わたしはボケているかもしれません!
今でも忘れっぽいのに、将来はもっとあてになりません。

お年寄り達の話を参考にわたしの頼りない記憶をたどりながら
宮古島の最果ての部落に、シンプルですばらしい時代があったこと
そして急速に失われようとしている島の暮らしを後世代に伝えたい。
これを遺産として「未来へ捧げるブログ」に託したいと思います。

とりあえず「娘と息子へ」としてありますが
このブログを読んでくれる方はみんなわたしの「娘と息子」のつもりです。

「わたしもあなとと同世代ですよ〜」なんてちゃかさないでね♪

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif


posted by かおる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

近々リニューアルのお知らせ

ブログの更新がなかなかできずに
時間が無い、忙しいという言い訳を云い続けてきました。

でも心の中ではひそかに別に原因があるのでは、と思っていました。

記事が書けない訳・・・

文系じゃないから?

いえいえ・・

それは


私って他者を意識しすぎて、知らない相手と話すのはとても苦手なんです。
ネット社会では、知らない人同士でもコミュニケーションが成り立つのは
あたりまえの世界なのですが、


無言のパソコンを前にして
ブログを書くという行為はわたしにとって難儀な事で、
単に自分の書きたい様に書けばいいと自分にいい聞かせても
他者を意識しすぎて前に進めません。

アナログなのでしょうか・・

いろんなブログを読んでいると、
自然体で書いていて、ホント、うらやましいです。

どうしたら書けるようになるか・・
ずっと考えてきました。


で、答えは


相手をよく知っている人に置き換えること。

そう、自分の子供たちへのブログです。

娘や息子にとっては迷惑かもしれないけど
あくまでも仮想の相手としてなので気にしないでほしい

リニューアル後のブログのタイトルは


未来へ捧げるblog
   (娘と息子への遺言)


なんか怖いサブタイトルですね
これで書けるようになるでしょうか。


構想は2年以上も前にできていたものの
実行するには迷いがありました。

次回はそのタイトルの意味を書きたいと思います。
リニューアルは1月1日、

それでは原っぱを訪問してくれたみなさん
来年は、より良い年でありますように、
こんなブログでも読んでくれてありがとうございました。


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif



posted by かおる at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ミントバジル

先日、テレビの特集でダイエット特集をしていた
その日は忙しかったのでビデオで録画、
夕べゆっくり拝見させて頂きました。

なんとチアシードなるものがダイエットに効果があるとかで、
その種子は水を加えるだけでみるみるうちに膨らんで
このおかげで満腹感がある?
その上、α-リノレン酸という油分が含まれ、
必須アミノ酸を初め多くのアミノ酸が含有されているため
結果的に食事の量が減ってダイエットにつながるとか・・

なんだか、いいことづくめの番組に乗せられて
さっそくネット検索!
するとチアシードの健康製品ばかりがズラズラ〜
しつこく検索して分かったことは
シソ科サルビア属ミントの(ミントバジルシード)と言うことでした。
一瞬「なんだ、バジルか〜」と思いましたが、
一般的なスィートバジルとは違うものだそうです。

珍しいものならぜひ手に入れようではないかと
ノコノコとYahoo japanのオークションに探しに出かけました♪




        それから6時間・・・



いろんな種類のファッションフルーツを
   いっぱい購入して戻ってきました(;´▽`A``


banner_02.gif   誰かクリックでなぐさめてチョ m(_ _)m
posted by かおる at 06:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Yahoo オークション

知り合いがYahoo japanでオークションに
出品していると言うので、見てきました。
他の出品者の展示品をながめているうちに
欲しくなって、購入しようとしたら
会員にならないと入札できないと知りました。

どうしても欲しかったので、
そのまま会員手続きをとりました。

すると欲が出て、3品も入札しました。

気がついたら今日も新たに入札してしまいました。

恐ろしやオークション・・
            こわいですふらふら

banner_02.gif
posted by かおる at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

100円ショップ

私は100円ショップに行くのが大好きです。
理由は単に安いという理由だけではないんです。
まるでアイディア展示会のようだからです。

以前は100円ショップで通ったかもしれないけど、
消費税が5%つくので厳密には105円ショップなんだけど、
あまり深く考えないでおきましょう(^-^)
商品の単価は安くても商品の一つ一つが
すばらしいアイディアの結晶と私は評価しています♪
いかに消費者に気に入ってもらえるか、
どうすれば買ってもらえるか、
まさにアイディア勝負!


ただ一点、

籠などの雑貨はどう見ても手作りと思えるのですが、
その籠一つ作るのにどれくらいの時間がかかったのだろうか、と
つい想像してしまうのです。

私自身、手作り雑貨が大好きで
時間があれば何にでも興味をもってしまうのですが、
時間をかけて作ったものが
100円の値段にしかならないとすれば
きっと落胆してしまうでしょう。

まさか機械で生産していないでしょうね、と
100円ショップで籠をを手にとりながら
まじまじと眺めてしまいました。

banner_02.gifぽちっとよろしくるんるん

posted by かおる at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

油断できないね

地元の新聞に載らないので気が付かないが
けっこう車の盗難があるようです。
そう広くはない島だから2〜3日後には
島のどこかで発見されると思うけど
仕事や通勤に必要な人にとっては迷惑な話です。

白のタウンエース。
沖縄427−さ955

見かけたら是非ご連絡ください。

車、無事みつかるといいな
posted by かおる at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

トウゴマ

原産地はアフリカ北東部、インドだそうです
このため温帯では夏〜秋にかけて花をつけ、
結実する一年生草本といわれていますが、
ここ宮古島ではすでに実がなっています。

6319-b.jpg

種子は有毒で、絶対に口に入れてはいけないとされています。
トウゴマの種子には有毒アルカロイドのリシニン、
毒性タンパク質のリシンが含まれているそうで
特にリシンは世界五大猛毒の一つといわれているそうです。

種子は40%から60%の油分を含んでいて、
成熟した種子を日干しにした後、圧搾した油がヒマシ油です。
ヒマシ油は下剤,印刷インキ、化粧品原料などに使われます。
石けんの材料にヒマシ油を加えると
キメの細かいもっちりした泡立ちになるので
石けん作りにはかかさず加えるようにしています。
でも水分を引き寄せる性質もあるので
とても溶け崩れやすい石けんになってしまいます。
また、ヒマシ油は吹き出物や日焼けをきれいにするとも言われています。

あともう少しで種子が色づきそうなのですが、どうしましょ
油を絞ってみようか?

banner_02.gifポチッとよろしくるんるん

posted by かおる at 07:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

やってみよう♪

最近、植物に興味が湧いています。
視点を変えれば、意外と知らない植物が多いです。

宮古島の植物のカテゴリーを作って集めてみようかな〜
写真付きで・・
    いいかも!



   ついでに人気blogランキングに参加しました。
       クリックで応援よろしく♪

      banner_02.gif
posted by かおる at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

島らっきょう

友達が島らっきょうをいっぱい持ってきました。
聞くと畑に沢山植えてあるとのこと

以前は家庭で必要な分だけ植えていたのが
最近は島らっきょうの人気が出てきたので
農家は競って島らっきょうの栽培面積を増やしているとのこと

最近は個人の観光客が増えてきている傾向があり、
ガイドブックを片手に宮古島の穴場や
お奨めの食べ物を求めて
いろんな場所に突撃する光景を見かけます。

その中で島らっきょうは
居酒屋のメニューでとても評判が良く、
店主は島らっきょうを求めて
島らっきょうを栽培している農家を
探すのに苦労していると聞きます。

居酒屋での島らっきょうのメニューは
天ぷら、浅漬け、キムチ漬け、味噌いため等々
いかにも泡盛が進みそうなおしゃれな料理が多いが
普通の家庭のらっきょうの料理といえば
せいぜい浅漬けからっきょうチャンプルーである。

らっきょうチャンプルー?
そう、あのチャンプルーである。
お豆腐を炒めてらっきょうも入れてさらに炒めたやつである。

島らっきょうの良さは
シャキシャキした食感があることだと私は思うのだが
チャンプルーにすると、そのシャキシャキ感が無くなってしまうので
私は、もっぱら浅漬け派である。

この浅漬けは食べ過ぎると胸焼けするけど
解っていても箸が止まらないほど
島らっきょうはおいしいです!

   感謝!
       感謝! 
posted by かおる at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

ノニの次にモリンガ?

たまたまネットで知ったモリンガ、
ノニがMiracle fruitならモリンガはMiracle Treeだそうです。

葉は、栄誉豊富で抗菌作用もあり、
種子からは品質の良い油が採れ、高級石けんやローションにも使用されていると言う。
また種子に含まれるたんぱく質は強い浄化作用があるため
水を浄化するのに役立つ可能性についての研究もなされていると言う。

インドや東南アジアでは一般的に野菜として利用されているものだそうですが、
日本ではまだ知られていないこの植物はほとんど見かけることはありません。

    と言いたいけど、

実は家にあるんですよね、この木が!
それも何年も前から植えられているんです。
台風にもビクともせずに庭に鎮座しています。

モリンガという木はフイリピンではマルンガイと呼ばれていて、
田舎に行けば家の周りに垣根代わりに植えられていて、
葉、花、実(莢)、種子、幹、根、すべて利用できると
妹から聞いたことがあります。

でもマルンガイの葉は独特の匂いがあるので
これまでは利用しませんでした。
これがタイ料理の食材に販売できないかどうか
ネットで検索していてモリンガであることが判りました。

どうしましょわーい(嬉しい顔)

 
posted by かおる at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

なんて忙しいのだろう

更新報告の後、
すでに3月を目前にしている。
毎日は無理でも、少しづつでもブログに書こうと思っていても、
忙しすぎて・・・

ショップをリニューアルしたものの商品が少なくて、
気持ちはあせっているものの、なかなか前に進みません(~o~)

手作り石けんは熟成期間が必要だし、
他の商品は送料と発送方法の設定に時間がかかっています。
その上、私が今取り組んでいる新商品の開発が最終段階に入っていて
いよいよ発売目前となっているのですから、
毎日がフル回転している状態です

エッ!新商品ってなーに?   
    ふっふっふ
ショップのトップページにちょこっとだけ名前を書いちゃったけど、
たぶん近日中には発売できると思います♪
今、ラベル作成中!


製品の製造開発から包装、
HP作成もすべて自分ひとりで手がけているので
忙しくてブログまで手が回らないのです。
そう思いつつ・・
  このブログもリニューアルしたいな〜
なんて考えるのだから
自業自得なのかも知れない。
posted by かおる at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

やっと更新

長いことほったらかしになってしまいました。
個人的な事情で更新を中断していましたが、
その間にパソコンまでおかしくなっちゃって、
誰も教えてくれる人もいないので、ネットで調べながら直すのに手間取りました。
blogやネットショップを持つと焦るものですね。

ショップはリニューアルするつもりなので
今夜から取り掛かろうと思います。
私にとって今日が2006年の年明けのような気分です。

とりあえず、
   
   あけましておめでとう〜

  もう2月なんだけど・・・・
posted by かおる at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

都合により。。。

都合によりHPの更新がまったくできなくなりました。
そのうち、時間を割いて更新しようと思っていたのですが、
結局、あきらめてしまいました。

正確には11月いっぱいまではサイトの手入れができないと思います。
これまで手塩にかけてきたサイトだけに、
思い入れはいっぱいで、サイトを眺めてはため息ついています。
お客様にご迷惑をおかけしてはいけないと思い、
とうとう臨時閉店の表示を出しました。
とても残念です(泣

............................................

でもね、
石けん仕込んだんですよ、昨日、
ストレスが溜まっていたので、気分転換にぐるぐるしました。
う、楽しい〜

仕込んだのは月桃石けん、
生葉をミキサーにかけて、それを精製水に置き換えました。
ついでに、今回はEM菌を加えてみました。
EM菌って抗酸化作用があるというので、
どんな石けんが出来上がるか楽しみです。

しかし、なかなか固まらず焦りました(^_^;)
固まるのに一晩かかりましたが、
結果は、素敵なモスグリーンの石けんになりました♪
12月には販売できるかもしれません。

では、しばらくの間失礼しますm(__)m
ストレスが溜まった時にはブログに書き込みすると思うので
たまには覗いてみてね、
posted by かおる at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

プリン石けん

個人的な事情で忙しくなってしまい、
HPの更新はおろか、石けんさえも仕込めなくなっています。
そんな私でもプリン石けんだけは作っています。

プリン石けんは、いわば廃油で作る台所用石けんですが、
かつて作っていた固形の廃油石けんと違って、
まるでカスタードやコンデンスミルクのような感じの
トロッとしたおいしそうな石けんです。
固形ではないので使いやすく、
とてもやさしい使用感のある石けんです。

使いここちの良さばかりでなく、
簡単に作れるので、今の私でもできちゃうのです♪

材料は廃油と苛性ソーダ、ご飯、お水だけです。

廃油  500mL
ご飯  50g(残りご飯でよい)
お水  500mL
苛性ソーダ  75g
5L以上のバケツ (出来上がりは3Lなので余裕をもって)
バケツより2倍くらい長めの棒  混ぜるのに使用する

揚げ物を作らない家庭では廃油を500mLも集めるのは大変です。
近くの飲食店に頼むと喜んでタダでくれます。

1日目
始めに廃油をお鍋で100度の温度まで温めます。
500mLのお湯を湧かします。
苛性ソーダ75gを計ります
薬局で手に入りますが
劇薬なので取り扱いには細心の注意が必要です。
ぜったいに肌に触れないように手袋をすること!
煙がでるのでマスクをすること!
はねたら危険なので小さいお子様のいる家庭では避けましょう!


バケツにご飯50gと油500mLを入れます。
長い棒でかるくご飯をほぐすように混ぜます。
計っておいた苛性ソーダをそっと加えます。
かるくかき混ぜながらお湯を徐々に加えます。
この時煙が出るので吸い込まないように気をつけましょう。
お湯を全部入れたらひたすらかき混ぜます。
10分くらいでもったりしてきますが、ひたすらかき混ぜます。
20〜30分で1日目は終了です。
そのまま放置します。(出来上がり1L)

2日目
前日に仕込んだものを棒でかきまぜてやわらかくします。
ぐるぐるかき混ぜながら、お湯を500mL徐々に加えます。
20分くらいかき混ぜて終了、そのまま放置します。(出来上がり1、5L)

3日目
前日に仕込んだものを棒でかきまぜてやわらかくします。
ぐるぐるかき混ぜながら、お湯を500mL徐々に加えます。
15分くらいかき混ぜて終了、そのまま放置します。(出来上がり2L)

4日目
前日に仕込んだものを棒でかきまぜてやわらかくします。
ぐるぐるかき混ぜながら、お湯を500mL徐々に加えます。
15分くらいかき混ぜて終了、そのまま放置します。(出来上がり2、5L)

5日目
前日に仕込んだものを棒でかきまぜてやわらかくします。
ぐるぐるかき混ぜながら、お湯を500mL徐々に加えます。
15分くらいかき混ぜて終了、そのまま放置します。(出来上がり3L)

そのまま1ヶ月寝かします。

3Lものプリン石けんが出来ちゃいましたが、
そんなにいらないという方は分量を調整して下さい。
慣れたらあっというまにできるので
市販の台所用洗剤を買う気にならなくなります(^^_)ルン♪
posted by かおる at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。