2008年01月24日

キビ刈り

久しぶりの書き込み
あいかわらず書くことに不精です。

今年のお正月は真夏日のような天気が一週間程度つづき
それ以降、お天気はくずれぱなしで寒い日が続いています。

年明けから恒例のキビ狩りが始まっています。
キビ狩りなんてもう何年も私はやっていませんが
近所の話を聞いていると、だいぶ様変わりしているようです。

昔と今とでは家族形態が変化しているので、当然といえば当然ですが・・

初めてキビ狩りを見たのは、親に紹介するからと父さんに連れられて
最初に宮古島に来た翌日でした。

参加人数は20名近くいたのではないでしょうか、とてもにぎやかでした。
男達は7〜8名くらい、横一列に並び、短めの斧でいっせいにキビを根元からなぎ倒していきます。

キビはまだ葉っぱが付いている状態なので、それを女性達が二又という道具を使ってかきとり
ある程度の束にまとめて、ススキでできた綱で縛っていました。

手は動いているものの口は暇なので、おしゃべりしながら作業していて
最近の出来事や近所の噂話、お料理や家事の知恵の交換等、歌いだす者あり、
それはそれは賑やかでしたよ。

女性に比べると男達の作業はしゃべると息があがってしまうので
黙々と作業をしています。

休憩時間が近づくと、姑がキビの枯れ葉をかき集めて臨時カマドをこしらえ
家から持ってきたヤカンでお湯を沸かしはじめました。これでお茶を淹れて
「休憩時間だよ、みんなユク(休んで)!さあ、さあ、ユク!」を大きな声で呼びかけます。

みんな輪になって休憩をとりながらおしゃべりが始まります。
この時が最大に賑やかな時間です。

やがてトラックがやってきて、人が歩けるように丈夫な板をかけました。
広い畑から男達は束ねられたキビを担いで
板の上をわたりトラックの荷台に積み上げていきます。
中には二束も三束も担いでみせて得意そうにしているのもいました。


歩いてトラックの荷台に一束ずつ積み上げるのを見たのはそれが最後です。
その後ユニックという機械が導入されて
キビを小山に積んで置くと全部ユニックがやってくれるようになりました。

あの当時の力自慢の男達の中にはすでに亡くなっている方もいます。

あれから30年以上も経ってしまいましたものね。
でも時折、得意満面のあの表情をいまでも思い出します。
そして人々の笑い顔やあの喧噪も

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif
【関連する記事】
posted by かおる at 15:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夕飯に水餃子を食べながらニュースを見ていたら、餃子に農薬が残留・・の話題が出てて、箸を持つ手がとまってしまいました。(゚_゚i)
東京に住んでいる私が言うのもなんですが、農業ってやはり大切なものだなあって。
宮古島から農作業の風景が消えていくのは寂しいですね。
経済的なことを考えると今はそうも言っていられないとも分かるのですが、長い目で考えてもきっと。。

島の冬の風景、懐かしいです。
パーガラでよくスキーをして遊びました。
宮古島の風景はきび畑とともにあるのですね(*^-^*)
Posted by もじ at 2008年01月31日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。