2006年03月22日

トウゴマ

原産地はアフリカ北東部、インドだそうです
このため温帯では夏〜秋にかけて花をつけ、
結実する一年生草本といわれていますが、
ここ宮古島ではすでに実がなっています。

6319-b.jpg

種子は有毒で、絶対に口に入れてはいけないとされています。
トウゴマの種子には有毒アルカロイドのリシニン、
毒性タンパク質のリシンが含まれているそうで
特にリシンは世界五大猛毒の一つといわれているそうです。

種子は40%から60%の油分を含んでいて、
成熟した種子を日干しにした後、圧搾した油がヒマシ油です。
ヒマシ油は下剤,印刷インキ、化粧品原料などに使われます。
石けんの材料にヒマシ油を加えると
キメの細かいもっちりした泡立ちになるので
石けん作りにはかかさず加えるようにしています。
でも水分を引き寄せる性質もあるので
とても溶け崩れやすい石けんになってしまいます。
また、ヒマシ油は吹き出物や日焼けをきれいにするとも言われています。

あともう少しで種子が色づきそうなのですが、どうしましょ
油を絞ってみようか?

banner_02.gifポチッとよろしくるんるん

【関連する記事】
posted by かおる at 07:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

昨日友人の車が盗難にあいました。
Excerpt: 白のタウンエース。 沖縄427−さ955 西里通りののひな電気の車です。 見かけたら是非ご連絡ください。
Weblog: 宮古島の不動産屋日記
Tracked: 2006-03-22 19:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。