2007年12月29日

近々リニューアルのお知らせ

ブログの更新がなかなかできずに
時間が無い、忙しいという言い訳を云い続けてきました。

でも心の中ではひそかに別に原因があるのでは、と思っていました。

記事が書けない訳・・・

文系じゃないから?

いえいえ・・

それは


私って他者を意識しすぎて、知らない相手と話すのはとても苦手なんです。
ネット社会では、知らない人同士でもコミュニケーションが成り立つのは
あたりまえの世界なのですが、


無言のパソコンを前にして
ブログを書くという行為はわたしにとって難儀な事で、
単に自分の書きたい様に書けばいいと自分にいい聞かせても
他者を意識しすぎて前に進めません。

アナログなのでしょうか・・

いろんなブログを読んでいると、
自然体で書いていて、ホント、うらやましいです。

どうしたら書けるようになるか・・
ずっと考えてきました。


で、答えは


相手をよく知っている人に置き換えること。

そう、自分の子供たちへのブログです。

娘や息子にとっては迷惑かもしれないけど
あくまでも仮想の相手としてなので気にしないでほしい

リニューアル後のブログのタイトルは


未来へ捧げるblog
   (娘と息子への遺言)


なんか怖いサブタイトルですね
これで書けるようになるでしょうか。


構想は2年以上も前にできていたものの
実行するには迷いがありました。

次回はそのタイトルの意味を書きたいと思います。
リニューアルは1月1日、

それでは原っぱを訪問してくれたみなさん
来年は、より良い年でありますように、
こんなブログでも読んでくれてありがとうございました。


バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif



posted by かおる at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

写真コンテスト

「後世に残したい宮古島の風景」というテーマで市が募集していた写真の展示がスタートしました。
名づけて「ばんたがふるさと写真コンテスト」
応募作品は全部で139点、島外からの応募もあったそうです。
展示場所は平良港ターミナルビルで、さっそく見に行きました。

本当は、私も応募したので自分の作品を見に行ったのが本音だけど(^∇^;)o

今回のコンテストの趣旨は、一般の人が考える宮古らしい風景を
島の景観計画に生かすことが目的で、ゆくゆくは景観条例の制定にまで
こぎつけたいらしいです。

でも、なぜか普通のコンクリートの住宅の町並みを写したものがあったり
子供の写真だったり、アスファルトの道路だったりして
勘違いをしているんじゃないかな〜と思う写真が多数あったのにはビックリ

中には海岸の護岸の写真があり、エッと思い注意してみると
コメントに「残したくない風景」と書かれていました。
これには思わず吹き出してしまいました。

この写真コンテストは来場者による投票で入賞者が決まるのだそうです。
時間があれば展示場に行って、あなたが島の残したい風景を選んでみませんか。

バナーをクリックして応援してくれると励みになります♪
banner_02.gif




展示場所の日程は次の通り
平良港ターミナルビル  H19年12月6日〜10日
宮古空港中央アメニティー   12月11日〜17日
城辺庁舎           12月18日〜19日
上野庁舎           12月20日〜21日
平良庁舎           12月25日〜28日
下地庁舎        H20年 1月7日〜11日


posted by かおる at 04:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮古島ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

島にコールセンターがやってくる

宮古島にコールセンターができるそうです。

城辺庁舎2階部分を改装して設置するのだけれども
入居企業はまだ未定、今月中に決定するとのことです。

このコールセンターへの就職希望者を対象にしたセミナーへの
参加者希望者が、定員200名に対し、なんと233人も

たった233人というなかれ、
島の人口からすれば、すごいと思います。
子供たちは高校を卒業すると、ほとんどが島を出ていきます。
島の人口の20%以上を65歳以上のお年寄りが占めるのに比べ
20〜30歳台はと〜っても少ないのです。
関係者は人数を確保できるか心配していましたが、
予想を超える応募者にホッとしたことでしょう。

ゆくゆくは300人以上もの採用を目指す予定らしいですが、
コールセンターで働く電話オペレーターというお仕事は
けっこう人の入れ替わりが激しいと聞きます。
正社員はわずかで、ほとんどが低賃金のパートだというし
精神的にハードでストレスがたまりやすい仕事なんだそうです。
本土で働いたことのある人に勧めたら「ヤダ!二度と戻りたくない」



でも、この島に、ないんだよね仕事が(泣

banner_02.gif

追文:最終的に250名がセミナーには参加したんだそうです。

posted by かおる at 02:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 宮古島ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

秋植えスタート

早めに取り掛かるつもりだったのが、結局、
耕運機をかけたのは11月に入ってからでした。
あわてて野菜などを植えていますが、
となりの畑はすでにいろんな野菜が育ち、収穫までしている(−д−;)
なかなか、計画どおりには、うまくいかないものです。
悪天候が続き、やっと晴れたのでさっそく見に行ったら

ネギが元気に芽を出していました、ヤッター!
ついでにジャガイモもチョコッと芽をのぞかせている。

ふむふむ、今度はジャガイモがいっぱい食べられるかも〜♪

今回はパルダマをいっぱい挿し芽をした。
これも、雨が降り続いたため成功しそうです♪
パルダマとは宮古島の方言で、本土では水前寺菜または金時草と呼ばれている野菜
原産地は熱帯アジアなので沖縄の気候では年中収穫できるすぐれもの。
できるだけ自給をめざす私としてはありがた〜い野菜なんです。

保存してあったニンニクも植えましたが、まだ芽は出ていません。
ニンニクが収穫できる時期は決まっているので、
大きい玉を収穫するには栽培期間が長ければ長いほどよいとのこと。
なので、気の早い人は9月には植えるとのこと、
通常は10月に入ってから。11月の終わりに植える私は遅すぎるかも^^;

後は大根、にんじん、菜っ葉類など・・・
まだ、芽がでない(;´▽`A`` 


オクラは切り戻ししたので今も収穫できます。
スーパーで購入して植えたエシャロット?(らっきょかも)も待てずに収穫してる、
長ネギは元気で、ちょっと外皮がかたいけど十分おいしく食べられます。
お芋もいっぱい植えたけど掘り取りに苦労しています。
食べたい人、掘りにいらっしゃい!


今後増やしたいお野菜は苦菜かな、
詳しいことはまたの日にということで、ごめん。


banner_02.gif
posted by かおる at 03:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 過去 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。