2006年09月28日

エナント酸

炭素数7   エナント酸(n-ヘプタン酸 、 enanthic acid)

エナント酸についての資料がなかなか探せなくて、
結局はあきらめました(x。x)゜゜

銀杏の実の臭気は、カプロン酸(炭素数6)や
エナント酸(炭素数7)が主成分なんだそうです。
でも沖縄県に住む私には銀杏の臭いは知りませぬ(^_^;


これまでとりあげた1:ギ酸、2:酢酸 、3:プロピオン酸 、4:酪酸、
5:吉草酸、6:カプロン酸、そして7:エナント酸のような炭素数が
7個以下の脂肪酸は短鎖脂肪酸といいます。

一般的に、脂肪酸の炭素数は偶数になっていて、
ギ酸やプロピオン酸を除く炭素数が5(吉草酸)以上の
奇数の脂肪酸は、自然界ではまれなので、
人工的に合成するか酸化によってつくられているようです。
エナント酸の場合、ヒマシ油の成分をさらに酸化してつくられて、
潤滑油として利用されているそうです。


エタノールとエナント酸をまぜてエステル化すると、
香気のあるエナント酸エチルが得られ、
食品の着香料としても利用されているそうです。

ちなみに、その香りはモモやイチゴの香りとか、
ワイン様の香りとかいわれていますが、
先ほどの銀杏の臭気とイメージがだいぶ違いますが・・・

ふ〜(-.-)

     やっと短鎖脂肪酸終わりました、

        疲れた〜(^_^;)

banner_02.gif



posted by かおる at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オイル、嗚呼オイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

カプロン酸

炭素数6    カプロン酸(n-ヘキサン酸  Caproic acid)
融点-4℃、
沸点205℃
無色の液体、きわめて不快な臭いを有する。
「Caproic acid」の「capro」は「capri・ヤギ」のことなんだそうで、
たしかにヤギのにおいは臭いことで有名です。

試しに食品成分データベースで調べてみたら、
ヤギ肉にカプロン酸はそれほど入っていない。あれれ?
バターには酪酸とともにカプロン酸がたくさん含まれていました。

ヤギとバターとどっちが臭いか、
    ヤギの方だと思います(^_^;

臭いお肉でよく話題になるのがマトン(2歳以上の羊肉)、
若いラム(仔羊)は臭いが少ないといわれていますが、
それでもだめ!という人もいます。
獣臭がつよければきっとカプロン酸が含まれているかも知れないと思い、
調べましたが、出てきません(..)
マトンのにおい成分はなんなんでしょう?

ヤギのにおいの話に戻りましょう♪
沖縄県ではヤギ料理があって、宮古島でもお祝いがあると
ヤギをつぶして大きな鍋でヤギ汁をつくります。
これが大好物という人はたくさんいますが、
家中ヤギ臭くなるということで、主婦を悩ませます(^_^;
ヤギの肉は神戸牛のような霜降り状態なんだそうで、
いや、それ以上の脂があると私の友人はいいます。
ですから料理する時は汁の上に浮いてくる脂を
たえず取り除かねばなりません。

マトンも脂がにおうので脂を落とすジンギスカン料理がいいのだそうで、
ヤギ肉もジンギスカンにしてみたらどうか、とか
うなぎの蒲焼きのように網の上で焼いてみたらどうかと思うのですが、
以前からやってみたくてウズウズしているのですが、
いまだに実現していません。

自分でヤギを飼ってまで試す時間もエネルギーも無いし
どうしましょ(^_^;)

だいぶ話がそれてしまいました。
カプロン酸エチルなどのエステル系は日本酒の香り成分の一つなんだそうです。
また、生薬で川楝子(せんれんし)にもカプロン酸が含まれているそうです。
川楝子(せんれんし)とはトウセンダン(Melia toosendan)の
果実を乾燥したものなんだそうで、
思わず、この生薬はどんな臭いなんだろうと思いました


banner_02.gif

posted by かおる at 04:07| Comment(0) | TrackBack(1) | オイル、嗚呼オイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。