2006年03月28日

これも何だろう?

ちょっと写真の写りが悪いが
何だろう?

6319-a.jpg

宮古島の一周道路のいたるところで実がつき始めている。
食べられるといいけどな〜わーい(嬉しい顔)

banner_02.gifぽちっとよろしくるんるん
posted by かおる at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

油断できないね

地元の新聞に載らないので気が付かないが
けっこう車の盗難があるようです。
そう広くはない島だから2〜3日後には
島のどこかで発見されると思うけど
仕事や通勤に必要な人にとっては迷惑な話です。

白のタウンエース。
沖縄427−さ955

見かけたら是非ご連絡ください。

車、無事みつかるといいな
posted by かおる at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

トウゴマ

原産地はアフリカ北東部、インドだそうです
このため温帯では夏〜秋にかけて花をつけ、
結実する一年生草本といわれていますが、
ここ宮古島ではすでに実がなっています。

6319-b.jpg

種子は有毒で、絶対に口に入れてはいけないとされています。
トウゴマの種子には有毒アルカロイドのリシニン、
毒性タンパク質のリシンが含まれているそうで
特にリシンは世界五大猛毒の一つといわれているそうです。

種子は40%から60%の油分を含んでいて、
成熟した種子を日干しにした後、圧搾した油がヒマシ油です。
ヒマシ油は下剤,印刷インキ、化粧品原料などに使われます。
石けんの材料にヒマシ油を加えると
キメの細かいもっちりした泡立ちになるので
石けん作りにはかかさず加えるようにしています。
でも水分を引き寄せる性質もあるので
とても溶け崩れやすい石けんになってしまいます。
また、ヒマシ油は吹き出物や日焼けをきれいにするとも言われています。

あともう少しで種子が色づきそうなのですが、どうしましょ
油を絞ってみようか?

banner_02.gifポチッとよろしくるんるん

posted by かおる at 07:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

これ何だ?

いやはや、まわりを注意して観察するようになってから
ギョッとするようなものが目に入るようになりました。

6319-c.jpg

これはいったい・・・

実は結構大きくて7cmくらいはあると思います。
表面はつやがあって、まるでファッションフルーツのようです。
しかし、この植物はつるではなく木なのです!
枝を折ると粘りのある白い樹皮液が出て
指で触ると気持ち悪いくらい接着力があります。

木の高さは3〜4メートルはあるでしょうか
ガジュマルのような横への広がりがあります。

一見おいしそうなので「毒かな」とも思いますが
植物辞典を調べても何もでてきません。
いったいこれは何なんでしょう? ? ?

追記:やっと調べることができました。
   予想通り、猛毒でした。
   名前は「オキナワキョウチクトウ」
   すべての部分に毒があり、
   ぜったいに樹液を触らないようにとあります。
   どうしましょ、すでに触っちゃいました (((((((・・;)サササッ

banner_02.gif人気blogランキングへ
posted by かおる at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

誰か教えて

ある日庭で見つけた見たことの無い実、
実の大きさは1センチくらいでしょうか、
よく見るとつる状の植物のようです。

色は毒々しいので気味が悪いのですが
誰か名前を教えて頂戴。
食べられる実だといいのですが、
色からするとアントシアニンたっぷりのようです!

hatena.jpg

ついでにポチッとbanner_02.gif
posted by かおる at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古島の植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

やってみよう♪

最近、植物に興味が湧いています。
視点を変えれば、意外と知らない植物が多いです。

宮古島の植物のカテゴリーを作って集めてみようかな〜
写真付きで・・
    いいかも!



   ついでに人気blogランキングに参加しました。
       クリックで応援よろしく♪

      banner_02.gif
posted by かおる at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

島らっきょう

友達が島らっきょうをいっぱい持ってきました。
聞くと畑に沢山植えてあるとのこと

以前は家庭で必要な分だけ植えていたのが
最近は島らっきょうの人気が出てきたので
農家は競って島らっきょうの栽培面積を増やしているとのこと

最近は個人の観光客が増えてきている傾向があり、
ガイドブックを片手に宮古島の穴場や
お奨めの食べ物を求めて
いろんな場所に突撃する光景を見かけます。

その中で島らっきょうは
居酒屋のメニューでとても評判が良く、
店主は島らっきょうを求めて
島らっきょうを栽培している農家を
探すのに苦労していると聞きます。

居酒屋での島らっきょうのメニューは
天ぷら、浅漬け、キムチ漬け、味噌いため等々
いかにも泡盛が進みそうなおしゃれな料理が多いが
普通の家庭のらっきょうの料理といえば
せいぜい浅漬けからっきょうチャンプルーである。

らっきょうチャンプルー?
そう、あのチャンプルーである。
お豆腐を炒めてらっきょうも入れてさらに炒めたやつである。

島らっきょうの良さは
シャキシャキした食感があることだと私は思うのだが
チャンプルーにすると、そのシャキシャキ感が無くなってしまうので
私は、もっぱら浅漬け派である。

この浅漬けは食べ過ぎると胸焼けするけど
解っていても箸が止まらないほど
島らっきょうはおいしいです!

   感謝!
       感謝! 
posted by かおる at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。